診療実績・当院での術後の鼻腔症状の経過について

・当院では、年間で​200〜300例の経蝶形骨腫瘍摘出術(ハーディー手術)を行っております。再手術症例の占める割合は20%前後ですが、大部分は紹介患者(初回の手術は他院で行って、その後再発したために当院へ紹介)です。再発でお困りの事が、ございましたら気兼ねなくご相談ください。

​・鼻の穴を経由した手術を行いますので、腫瘍の摘出率のみならず、術後の鼻の状態を悪くしないことが重要な要素です。そこで他の施設からはほとんど開示されることのない、術後の鼻の状態に関するアンケート調査を行いました。

調査対象:過去に当院で経蝶形骨腫瘍摘出術を受けた患者様から300人を無作為に抽出し調査しました。結果は下記を参照ください。なお、結果は当院で手術を行った例なので、他施設での術後の結果は反映しておりません。

 

 

東京都港区虎ノ門2−2−2

 
03-3588-1111 (代表)    
03-3584-7436(予約センター)

 

 

Department of Pituitary and Hypothalamic Surgery, Toranomon Hospital, Tokyo

 
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 Medical Clinic. Proudly created with Wix.com

Monday -  Friday     8:30 am - 5:00 pm
Saturday                   closed
Sunday                      closed

 

 

虎の門病院

​間脳下垂体外科